エディターズチョイス

脊髄損傷のための最初のロボット外骨格のマーケティングが承認されました

米国疾病管理予防センター(CDC)によると、この国には約20万人の人が脊髄損傷で生活しています。これらの人々の機動性を改善するために、脊髄損傷による麻痺した人々の助けを借りて歩くことができる最初のロボット外骨格が米国政府によって承認されました。